司法書士

翻訳サービス

口語部分、すなわちカギカッコでくくられた部分を翻訳するのはとりわけ難しいものです。その言語世界の中でもごく一部にしか使われない表現やスラング、あるいは文法的には逸脱した言葉が出てきます。

それを理解することがまず大変なのですが、適切な日本語に変換するのはなお難しいことです。

例えば外国映画の作中の台詞は、口の動きにぴったり合う長さの文字数に合わせねばならず、外国語力・国語力だけではカバーしきれない能力が必要です。それらの台詞にはリズムや調子という、その言語文化独自の要素を日本語に翻訳するという点で、非常に苦労の大きな作業です。

映画に留まらず一般的な小説においても、口語部分は一定の調子を保ち、原文のトーンを忠実に再現する必要があるのです。

LINK

おすすめ

LINK

おすすめ